• Swiftで遊ぼう!の前書き-> Life-LOG OtherSide
  • Swift2.1 & Xcode7.1対応の日本語版アップルチュートリアル!
  • 私の本業、オフィシャルなブログ-> Life-LOG

実は、Core Dataに手を出してから、データベース設計に興味が移り、とある本を読んでいます。まだ1割程度しか読んでいないので紹介は差し控えますが、初心者の私が読んでいても分かり易く、勉強になります。読み終えたら紹介しようと思っているのですが、なんせ読む時間がなかなか取れないのでいつになるやら(^_^;)

それまで、「詳解 Swift 改訂版」で気になった部分を取りあげます。この本も全部読めてるわけじゃないんですけど...

「Chapter 1 Swiftでプログラミング」から見ていきます。

本当にくだらない疑問だったんですが、実数の扱いにFloat型とDouble型がありますが、具体的にどう使い分けたらいいのか分かっていなかったんですが、ここを読んで納得できました。

Float型は、結構誤差が大きいようでFloat型は精度をそれほど求められていない状況、図形の位置や大きさを指定するときに使用するのが望ましいようです。

どうりで画面の座標を指定する値が「CGFloat型」だったんですね。納得しました。

今日はこれだけ。