f:id:shinke1975:20161218234646j:image

新宿でしょう。

「野食ハンマープライス」の茸本氏主催、念願の「野食会」。

www.outdoorfoodgathering.jp

12時頃会場で18時乾杯ということで、何時頃行ったら良いのか迷う。

あんまり早く行っても調理の邪魔になりそうだし、でもちょっと早目に行って見てみたいし、場の雰囲気にも慣れたいし、ということで17時頃伺った。

ちょうど良い感じだったかな?でしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20161218234700j:image

すでに並べられている料理をパシャリ。

情報量多過ぎて処理能力が追いつかないので景色をご覧ください。

 

 

f:id:shinke1975:20161218234718j:image

f:id:shinke1975:20161218234734j:image

f:id:shinke1975:20161218234749j:image

f:id:shinke1975:20161218234803j:image

f:id:shinke1975:20161218234832j:image

f:id:shinke1975:20161218234846j:image

f:id:shinke1975:20161218234857j:image

f:id:shinke1975:20161218234910j:image

エゾシカの熟成肉を小林銅蟲先生のANOVAで低温調理の図。

 

 

f:id:shinke1975:20161218234926j:image

f:id:shinke1975:20161218234938j:image

f:id:shinke1975:20161218234949j:image

f:id:shinke1975:20161218235001j:image

f:id:shinke1975:20161218235014j:image

炊飯器の中でミルフィーユ状態。

 

 

f:id:shinke1975:20161218235028j:image

f:id:shinke1975:20161218235040j:image

f:id:shinke1975:20161218235050j:image

f:id:shinke1975:20161218235101j:image

f:id:shinke1975:20161218235113j:image

f:id:shinke1975:20161218235124j:image

f:id:shinke1975:20161218235135j:image

f:id:shinke1975:20161218235150j:image

f:id:shinke1975:20161218235202j:image

f:id:shinke1975:20161218235212j:image

f:id:shinke1975:20161218235222j:image

f:id:shinke1975:20161218235239j:image

f:id:shinke1975:20161218235248j:image

基本全部美味しかった。

中でもこのウツボ超絶でしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20161218235259j:image

f:id:shinke1975:20161218235310j:image

f:id:shinke1975:20161218235318j:image

f:id:shinke1975:20161218235327j:image

f:id:shinke1975:20161218235339j:image

マテ貝。

 

 

f:id:shinke1975:20161218235350j:image

f:id:shinke1975:20161218235400j:image

オニイグチスープ。超絶。

 

 

f:id:shinke1975:20161218235411j:image

超絶。

 

 

f:id:shinke1975:20161218235420j:image

ニワトリの脚?爪?とイノシシの骨の出汁のソーメン。

 

 

f:id:shinke1975:20161218235437j:image

f:id:shinke1975:20161218235452j:image

エンターテイメント。

 

 

f:id:shinke1975:20161218235506j:image

f:id:shinke1975:20161218235519j:image

言わないと分からないと思いますが、プリンを作っていらっしゃいます。

 

 

f:id:shinke1975:20161218235530j:image

オオスズメバチの蜂の子とサナギ。バター醤油炒め。

 

 

f:id:shinke1975:20161218235540j:image

ススケヤマドリタケとイノシシ。

 

 

f:id:shinke1975:20161218235553j:image

ベーコンとトリュフのオムレツ。

トリュフの食感大好きな感じのアレ。

 

 

f:id:shinke1975:20161218235604j:image

アミガサタケ、ススケヤマドリタケとトリュフのパスタ。超絶。

 

 

f:id:shinke1975:20161218235617j:image

コウタケのパスタ。超絶。

 

 

f:id:shinke1975:20161218235628j:image

超絶。

 

 

f:id:shinke1975:20161218235639j:image

トリュフプリン完成。超絶。

 

 

f:id:shinke1975:20161219002102j:image

全てを写真に収めたかったけど、撮りこぼしあるし、お酒とか全然撮れてない。

私が無知なため、情報に間違い等ございましたら何卒ご容赦頂きたくお願い致します。

超絶ご馳走様でしょうでした。

ときどき地元

2018/07/06

f:id:Black2:20170504120929j:plain

 

 

f:id:Black2:20170504124600j:plain

 

 

f:id:Black2:20170504123554j:plain

 

 

f:id:Black2:20170504124901j:plain

 

 

f:id:Black2:20170504124922j:plain

4月5月と廻ってきたCRAZY LIVE INO TRAIN〜I列車で行こう〜ツアーは本日最終日です。 開演時間が早いのでこんな時間から起きてます(笑) 暴走を繰り返してきたINO TRAINは最後どうなるのでしょうか・・・

不毛地帯。

2018/07/06

f:id:hibi-mae:20160724142918j:image

f:id:hibi-mae:20160724143006j:image
場所はあえてかきません。

年間400冊の書評レビューをしているという

著者である印南淳史氏、ライフハッカーの記事は役に立つので

毎日の巡回コースにはいっています。

これだけの本をどうやって読んでいるのか?未読本が溜まっている

私はそこがとても気になってこの本を手に取りました

印南氏も実は遅読家でありどうも早く読むにはコツというか

考え方を変えないといけないらしい、そのメソッドを紹介している本です

 

まず考え方として 音楽を聞き流すように本を読みこと

音楽は聴いているだけで一音一音記憶しているわけでなく

いいところやフレーズを感じているだけである

読書もそのような感じで、真面目に熟読せずに流し読みする

この「真面目に読む呪縛」から解放されることがまず一歩であるということ

 

これをフローリーディンク型のため込まない読書と名付けている

ちなみに遅読家が行うのが 内容を一言一句ため込んでいく形の

ストック型の読書と言っている

本には3種類あり

  1. そもそも読まなくてもよい本
  2. 早く読む必要のない本 ストーリーの重要な小説など
  3. 早く読める本

 

この内フローリーディング型の読み方ができる本は決まっていて

3の早く読める本であり1.2は無理ということで

まあそりゃそうだなと思います

 

重要なのは3番の本ですが

全体を貫く「線」の要素が少ない、どこから読んでも

相応の価値を見出せる「切れ目の多い本」

 ということです

ビジネス書とかはこういうのにあたります。

というわけで、小説を早く読もうってのはこの本の目的ではないようです残念です

 

 この早く読める本を早く読む方法として

  1. 「初めに」「目次」をよく読む
  2. 最初と最後の5行だけを読む
  3. キーワードを決めて読む
  4. 2つ以上の読書リズムで読む

というポイントがあります 特に4番は考えたことがなかったポイントなので

ユニークな方法だと思いました、これから実践していきます

 

というわけで主にビジネス書なんか早く読みたいなと思ったら

ここにある手段を取れば効率的なんじゃないかなと思いましたね

ただ自分は小説なんかも読みたいのでこれを早く読むにはどうしたらいいんだろ

って感じました。

 

 

ランニング用に使っていた「BOSE FreeStyle earbuds イヤフォン」が断線してしまったようで右側から音が出なくなってしまった。

かなり気に入って使っていたので非常に残念だけど保証期間も過ぎていたので、修理するかどうしようか迷った末、新しいイヤフォンを購入することにした。こういうところは自分でも意外なくらいドライで執着心がない。

それがいいのか悪いのかわからないけど。 

kun-maa.hateblo.jp

 

スポンサーリンク

買うなら今度はコードに邪魔されない Bluetooth タイプがいいと思い、Apple純正の「AirPods」にしようか、2月に発売されたばかりの「beatsX」にしようか悩んだ。

元々 iPhone の付属品イヤフォンが耳から外れやすいので、もしかしたら自分の耳の形には「AirPods」は合わないのではないか、走っている途中でポロっと落としたら無くしてしまうのではないかとの不安が最後まで拭いきれなかったので「beatsX」を買うことに決めた。「beatsX」の方が「AirPods」よりも2,000円(税別)安かったのも決め手のひとつ。日頃の散財がたたって金銭的に苦しい日々なんでね。

 

色はブラックにしようかとも思ったのだが、埃っぽい部屋に住んでいるのでなんとなく埃が目立ちそうな気がしてブルーにしてみた。

ホワイトにもちょっと気持ちが動いたのだがいかにも iPhone な感じがベタすぎて途中で萎えた。

「萎えた」って変か。

オンラインの Apple Store で購入したら1~2週間待ちとのことで昨日ようやく手元に届いたってわけ。

 

ドーン!けっこうしっかりとした箱に入っている。

f:id:kun-maa:20170303191912j:plain

 

箱の中身はイヤフォン本体、イヤーチップ、ウィングチップ、キャリングケース、Lightning - USB-A 充電ケーブル、説明書など。

f:id:kun-maa:20170303192214j:plain

 

Apple Music の3か月無料コードや beats のロゴステッカーも入っていて、ちょっとうれしいおまけ。

f:id:kun-maa:20170303192741j:plain

 

珍しい感じかなあと思ってブルーにしてみたのだが、見るからにゴムっぽいところが安物に見えて悔しい。イヤフォンは見た目じゃないよ...とつぶやいても切ない。

それに加えて、見た目から感じる印象以上に重たい。重すぎて話にならねぇよってほどでは全然ないのだけど、一瞬「あれ?」って思う程度には重い。すぐ慣れたけど。もう気にならないけど。

f:id:kun-maa:20170303192519j:plain

 

充電はLightningケーブル使用ってのは何本もコードを持ち歩かなくて済むので iPhone ユーザーには地味にうれしい。

フル充電で8時間。バッテリー残量が少なくなっても5分の充電で約2時間再生可能という優れもの。

f:id:kun-maa:20170303192906j:plain

f:id:kun-maa:20170303193330j:plain

 

最初から本体についているものを含めて4サイズあるイヤーチップと、2種類のウイングチップがあるのでたぶんほとんどの耳に対応出来るんじゃないかと思う。

僕にもぴったりで圧迫感のない付け心地の組み合わせが見つかった。

これならランニング中に耳から外れることもあるまい。

f:id:kun-maa:20170303193058j:plain

 

Apple W1テクノロジーとやらを搭載しているんだそうだ。高性能なW1チップが組み込まれていることでAppleデバイス間でシームレスに設定や切り替えができる。

もちろん iPhone との接続もとっても簡単。

f:id:kun-maa:20170303214457p:plain

あっという間に接続完了。

バッテリーは納品された時点で86%も充電されているのですぐに使えた。

f:id:kun-maa:20170303195934j:plain

 

マグネットが入っているのでこんなふうに先端をくっつけることができる。耳から外してちょいと首かけ状態で移動するのにいい感じだ。僕の生活にいつも音楽を!

f:id:kun-maa:20170303193215j:plain

 

操作ボタンも iPhone付属品のものと同じ操作性なのですぐに使いこなせる。

楽勝だぜ。

f:id:kun-maa:20170303193447j:plain

 

電源ボタンが目立たないのはデザイン的にクールだと思うんだけど、使い終わった後に電源をオフにし忘れそうで不安が残る。忘れっぽい方だしさ。

f:id:kun-maa:20170303193420j:plain

 

実際に音楽を聴いてみると、とてもクリアな音で自然なドンシャリ感も気持ちよくてとてもいい。密閉感があるので頭の中でリアルなサウンドがぶわーっと広がる感じがたまらない。

すぐに好きになってしまった。この音の感じ、僕はかなり好きだ。

次の動画も「beatsX」で聴くと音の広がりと迫力が違う。


Beats By Dre | BeatsX | Talk. Listen. Beats.

なかなかいい買い物をしたんじゃないかと自分を褒めてあげたい気持ちでいっぱいである。

あとは耐久性か。こればかりは使い込んでみないことにはわからない。

いい感じのBluetoothイヤフォンをお探しの方にちょっとおすすめしたい。 

さて、beatsXとひとっ走りしてくるか。

Beats BeatsX イヤフォン Bluetooth Lightning Siri対応 (ブラック)

Beats BeatsX イヤフォン Bluetooth Lightning Siri対応 (ブラック)

  • 出版社/メーカー: Beats
  • メディア: エレクトロニクス
  • この商品を含むブログを見る
 
【国内正規品】Beats by Dr.Dre BeatsX イヤフォン Bluetooth Lightning Siri対応 (ブルー) MNLV2PA/A

【国内正規品】Beats by Dr.Dre BeatsX イヤフォン Bluetooth Lightning Siri対応 (ブルー) MNLV2PA/A

  • 出版社/メーカー: Beats by Dr.Dre
  • メディア: エレクトロニクス
  • この商品を含むブログを見る
 
スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly

20170224102934

いつも思いついたときに必要なもの、やりたいことなどをメモする習慣があります。使っているメモ帳は、セリアのクラフトメモ帳です(正式名称は違う気がしますが・・・)。

 

このメモ帳、いつも仕事机の引き出しにしまっていて、仕事中に思いついたアイディアや買うものなどを思い出したときにメモしています。

 

でも、最近気づいたのは、キッチンにいる時のほうが日用品や食材など「買わなきゃ」というものを思い出す回数が多いし、料理をしながらぼーっとしているときのほうがいいアイディアが思い浮かぶんですよね。

 

なのに、キッチンにメモ帳を常備しているわけではないので、「後でメモしよう」と思っていても忘れてしまうことが多くて、残念だなといつも思っていたんです。とっさに思いついたアイディアって、その瞬間にメモしないとすぐ忘れてしまうんですよね^^;

 

せっかく思いついたアイディアや必要なものを忘れないためにも、キッチンにメモ帳を常備することにしました。

 

メモ帳を定位置に

メモ帳やペンって、定位置に置いておかないと必要な時に使うことができなくなるんですよね。私の場合、メモ帳を使ったら使いっぱなしでどこかに置き忘れることが実は多いので、キッチンの中でも目につきやすくて、戻しやすい場所にメモ帳を置こうと考えました。

 

やっぱり一番いい場所は、冷蔵庫かなと。一番目につくし、マグネット式の収納グッズにメモ帳とペンを収納しておけば、迷子にもならなそうです。

 

スポンサーリンク

 

ダイソーの「マグネポケットワイド」を使いました

20170224102935

「マグネポケットワイド」は裏側にマグネットがついているので、冷蔵庫など金属製品にぴたっとくっつけることができます。今回は、こちらの収納グッズを使用してみました。

 

こんな感じの長方形BOXです。

20170224102936

裏にマグネットがついています。 

20170224102937

 

冷蔵庫のどこを定位置にするか?

「マグネポケット」にメモ帳とペンを収納したとして、冷蔵庫のどこに置くかも結構迷いました。

正面に置けば、すぐに取り出しやすいんですが、あまり正面から見えるのは好きじゃないので、今度は冷蔵庫の側面に置いてみることに。

20170224102940

冷蔵庫の側面に置いてみたら、邪魔にならないし、取り出しにくいということもないので側面に決定!もう少し、奥に移動させれば、さらに見た目がすっきりしそうです^^

20170224102939

 

まとめ

ほとんどの日用品は定位置を決めて収納しているのに、メモ帳だけは適当にいろいろな場所に置いていたので、必要な時にすぐ取り出せないのがちょっとしたストレスでした。今回、よく使う場所を定位置にできたので、キッチンで料理しながら「買い物リスト」や「アイディアリスト」をすぐに作成できて、メモ帳も戻しやすいので楽になりました^^

 

これからも、暮らしの中のちょっとしたストレスを、どんどん解消していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

・【理想の収納方法】見た瞬間に何があるか分かって、すぐに取り出せる収納が目標。 - ひつじ日和

・片付けや収納に正解はない。自分が「すっきり」と感じればそれがピッタリの方法。 - ひつじ日和

・【ごちゃごちゃしがちな薬、体温計などの収納】ダイソーの整理トレーですっきり収納! - ひつじ日和

・【少ないモノをすっきり収納する】ダイソーの収納BOXを使って、洗面台下の引き出し収納をすっきりと! - ひつじ日和

・【久しぶりにワクワクすること】今一番やりたいのは少ないモノをすっきりと収納し、すっきりとした見た目にすること! - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

人が調子のいいとき、
よい顔をするのは簡単だけど
力を失ったとき、
変わらずそばにいるのは難しいものです
 
そんなときでも、
そこにいてくれる人
こちらを裁かず、
信じてくれる人
 
友達
いいものだなって、
そう思います
 
 
 
お友達がメッセージをくれました
つらいとき、
力をくれた人
とても知恵のある人です
 
ちょうど1年ほど前、
わたしはひとつの選択をしました
大切に思っていた関係を、
自分の手で壊したのです
 
原因はわたしの弱さ
それに尽きます
今回のメッセージの人は、
目を背け続けるわたしに、
辛抱強く言葉を届けてくれたのでした
 
 
 
大切なのは、
相手がしてくれたこと
ともにあったこと
いつかわたしが、
離れた現実とも笑える時がまた来ると、
その人は話してくれました
 
余裕がなくて、
すぐには受け入れられなかったけど
 
いつかわたしが理解すると、
その人は信じてくれたのでしょう
今はその人の言った通りになっています
お釈迦様の掌の上のお猿さんみたいね笑
 
今のわたしが伝えていることの多くは、
この時感じたつらさ
つらさを越えてたどり着いた嬉しさ
そんなものに基づいています
 
この人の言葉は、
わたしを大きく変えてくれました
この人がいなければ、
今のわたしもこのブログの内容も、
だいぶ違ったものになっていたでしょう
 
 
 
友達
やっぱりいいものだなって思います
 
この人のように、
わたしも寄り添う強さを持つ
もう二度と、
弱さに負けて逃げたりはしないように
 
改めて、
そう思うのです

f:id:ichapy:20170720073605j:image

スポンサーリンク

なんと!!

あの有名なフレーズが・・(笑)

 

北斗の拳【究極版】 3 (ゼノンコミックスDX)

北斗の拳【究極版】 3 (ゼノンコミックスDX)

  • 作者: 原哲夫,武論尊
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2013/10/19
  • メディア: コミック
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

 

f:id:AR30:20131028221721j:plain

実は「間違い」だったという(笑)

 

たしかに、

「ひでぶ」ってほとんど出てこないんですよね、たしか。

 

なのにそれだけ有名っていうのがすごい。

 

他にも驚くような裏話がありますよ。

北斗の拳ネタで。

 

 



TVその後どうなった? 北斗の拳の作者 武論尊の裏話
胸に7つの傷が有るのはファッションだった。 作品の中では、シンに7つの傷を付けられたが当初は、何も考えてなかった。 ...

第11話【闇夜に咲く花】

 4/19

  「俺は中学の時好きな子がいた。と言っても後ろの席から見てただけだけどな。中学生じゃぁよくある話だ。かと言って、あまり緊張もしなくって、授業中とかよく話してた。

彼女は兎に角、大人を嫌っていた。

先生が逆ギレしたときは、

「大人は腐ってる。」

と言い、だから俺が

「いつかは大人になっちゃうんだよ。」

って言ったら、

「だから大人になりたくないんじゃん」って怒られたし…。

テストの時彼女が

「絶対間違いだらけだぁ。」

って言った時に俺が

「埋まってんなら逃げてないだけいいよ。」

って言ったら、

「大人みたいに逃げたく無い。」

って言われたからな。

大人が嫌いだったんだ。

そんで、その不の感情から生まれたガルスに殺されちまった。俺は彼女を守れなかった。だからヒーローになったんだ。


この世界と未来と恋を守るため。」